So-net無料ブログ作成
検索選択

「原動力は子供時代の星空」=宇宙少年団式典で山崎飛行士−千葉(時事通信)

 来年3月に米スペースシャトルに初めて搭乗し、国際宇宙ステーションに向かう宇宙飛行士山崎直子さんが39歳の誕生日を迎えた27日、出身地の千葉県松戸市で、日本宇宙少年団(団員数約3000人)の「千葉スペースボイジャー分団」(小中学生ら26人)が発足した。
 同市民会館で開かれた結団式には、訓練のため一時帰国中の山崎さんも駆けつけ、「わたしの原動力は子供の時に見た宇宙の星空。未来を思い描いて頑張ってほしい」と励ました。
 新団員らは、宇宙飛行士が着るような青い訓練服姿。少年団理事長の漫画家松本零士さんから「わたしは今ごろ火星にいるはずだったが、間に合いそうにない。皆さんは必ず宇宙に行くことになる。楽しくやりましょう」と祝辞を受けた後、山崎さんに訓練の様子を聞いたり、プラネタリウムを楽しんだりした。
 山崎さんの夫大地さん(37)や長女優希ちゃん(7)、両親も参加。優希ちゃんは結団式後、「(母直子さんに)宇宙でシャボン玉をしたり、地球の写真を撮ってもらいたい。わたしも宇宙へ行きたい」と話した。 

null
携帯の時代
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産
ネイルサロン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。