So-net無料ブログ作成
検索選択

名護市長選投票始まる(読売新聞)

 米軍普天間飛行場の移設受け入れの是非を最大の争点とする沖縄県名護市長選は24日午前7時から投票が始まった。

 投票は午後8時までに締め切られ、即日開票される。同日深夜には大勢が判明する見通し。選挙戦では、移設受け入れに反対する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が激しい戦いを繰り広げた。

 稲嶺氏は「新たな基地は造らせない」と明言。地域政党を含めた6党の推薦を受けた。

 島袋氏は街頭演説などで移設問題にはあまり触れず、企業誘致など1期目の実績を強調した。

文民統制を強化へ、防衛省改革で検討チーム(読売新聞)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
日航株、一時1円(時事通信)
菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」−足利再審公判(時事通信)
浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。