So-net無料ブログ作成
検索選択

<羅臼漁船事件>13隻を14日間の出漁禁止に 北海道(毎日新聞)

 北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船が操業位置を示す衛星通信漁船管理システム(VMS)の電源を意図的に切って操業していた問題で、道は8日の道議会水産林務委員会で、道海面漁業調整規則に基づき、漁船13隻を14日間の停泊処分(出漁禁止)にする考えを明らかにした。処分はスケトウダラの漁期(12〜2月ごろ)に科す方針。また、銃撃された2隻については、関係機関と協議の上、処分を決定する。

 道の調査では、2隻の僚船17隻のうち、14隻のVMSが2時間以上作動していなかった。このうち、1隻はエンジントラブルが原因だったが、13隻がVMSの配線を抜き、電源を切っていたという。3隻が2〜4時間、11隻が4時間以上作動しておらず、最長は9時間39分間だった。

 意図的に電源を切っていた理由について、一部の船長は「魚が取れる水域に行くと、(操業が認められていない)規則ラインを越えるリスクもある。漁協を心配させないよう電源を切った」などと説明しているという。

 また、安全操業の違反は日露間にも悪影響を与えかねないことから、道は今後、処分を厳罰化する考えも示した。【高山純二】

岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)
愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
<東京大学>トルコ国籍助教の博士号取り消し 論文盗用で(毎日新聞)
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発(産経新聞)
課徴金1.2億納付 20社超に命令へ 川崎市公共工事談合(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。