So-net無料ブログ作成

井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)

 井上ひさしさんの死去を受け、出身地の山形県でも悲しみが広がった。

 同県川西町の原田俊二町長(53)は昨年秋、井上さんの母校・町立第一中学など3校を統合して2011年4月に開校する川西中学の新校歌の作詞を依頼していた。一時、病状が回復した井上さんから、「少し時間をいただきたい」との手紙をもらったというが、完成には至らなかった。

 井上さんは昨年11月、自身が希望して実現した小中学校の同級会を体調を崩して欠席した。同級生の後藤正さん(75)は「快方に向かっていると思っていたので、『ちょっと、早いよ』という気持ち」と声を詰まらせた。

仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げへ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。