So-net無料ブログ作成

小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)

 小沢幹事長は17日、長崎市のホテルで開かれた党長崎県連主催のパーティーに出席し、同県知事選(2月4日告示、21日投開票)での党推薦候補を激励したが、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る事件にはほとんど触れなかった。

 パーティーには、知事選に立候補予定の元農林水産省室長、橋本剛氏(40)ら約2000人が出席。笑顔で登壇した小沢氏は、党の政策について熱弁を振るった。しかし、事件については「お騒がせしておりまして、大変恐縮しております」と手短に述べただけだった。

 高木義明・県連代表は「(事件が選挙に)影響無いと言えばうそになる」と述べ、次期参院選に立候補予定の犬塚直史参院議員(55)は「逆風になりつつある。予算審議もまともにできるか心配だ」と表情を曇らせた。

 一方、知事選で別候補の支援を予定している自民党長崎県連は、直後に市内の別のホテルで、小沢氏を糾弾する「県民の集い」を開き、真相究明を求める決議を採択した。

 事件を追及してきた税理士の西田昌司・自民党参院議員が経緯を説明し、「白昼堂々と政治資金規正法に違反して集めたカネで不動産を買っている。常識で考えられない」などと批判した。

大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
民主、広がる動揺=小沢氏進退、口つぐむ(時事通信)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
小沢氏、首相公邸を無言で出る(産経新聞)

<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)

 大阪府の橋下徹知事が2月6日に就任2年を迎えるのに合わせ、毎日新聞は大阪府内の有権者を対象に世論調査を実施した。橋下知事を「支持する」との回答は70%。1年前の前回調査(69%)からほぼ横ばいで、依然として高い水準を維持している。ただ支持理由を見ると、「実行力」が最も多い一方で、「政策への期待」は低迷した。調査は16、17両日に電話で行い、1068世帯から704人の回答を得た。

 「支持しない」は8%(前回調査比3ポイント増)、「どちらとも言えない」が22%(同3ポイント減)だった。男女の支持率はそれぞれ72%と68%。支持する理由は「実行力があるから」(41%)「政治のあり方が変わりそう」(33%)など。「政策に期待できる」は16%にとどまった。

 2年の取り組みで評価する点は「財政再建」が突出しており45%に上った。次いで「地方分権」「学力向上」がそれぞれ12%。逆に評価しない点は「イルミネーションなど都市景観づくり」(26%)▽「府庁舎の移転構想」(19%)▽「関西国際空港の活性化」(15%)など。

【関連ニュース】
橋下知事:民主マニフェスト修正を痛烈批判
福島消費者相:橋下知事と激論 ステッカー法的効力で
学力テスト:2011年度から独自に実施 大阪府教委
ワッハ上方:現地で存続へ 橋下知事が方針変更
民間校長採用:「選考は公正」と判定 大阪府教育委員会議

<転落死>9階手すりで度胸試し 高1男子足踏み外す 那覇(毎日新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)
<鳩山首相>「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
ズボンの下…刃物の柄を見せ「金を出せ」 大阪・茨木のコンビニ(産経新聞)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)

富士重工、防衛省を提訴…ヘリ発注打ち切り(読売新聞)

 富士重工業は15日、陸上自衛隊が使う戦闘ヘリコプターの発注を中途で打ち切った防衛省を相手取り、米国メーカーに支払ったライセンス料など、初期経費約350億円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。

 軍事機密などを理由に国と少数の専門企業が密接な関係を維持している防衛産業界で、企業が国を訴えるのは異例だ。

 訴えによると、防衛省は2001年、米国ボーイング社製の対戦車ヘリAH64Dを62機導入することを決め、富士重はボ社にライセンス料など初期経費約420億円を支払い、国内生産を開始した。多額の初期経費は取得する62機で均等割りする契約だった。その後同省は、07年度までに10機の契約を結んだ後、取得機数を62機から13機に変更。初期費用は契約済みの10機分(約70億円)しか富士重は受け取っていない。

 防衛省によると、部品価格の高騰で1機あたりの価格が、当初の約60億円から83億円にまで跳ね上がったことなどが機数変更の主な理由だ。富士重は「取得機数にかかわらず、ライセンス料など初期経費は防衛省が全額負担すべきもの」と主張している。

<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)
「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説−菅財務相(時事通信)

名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)

 16日午前4時10分頃、名古屋市守山区川東山の東山霊園付近の住民から、「霊園の駐車場で若い男たちが騒いでいる」と110番があった。

 愛知県警守山署員が駆けつけたところ、人の姿はなかったが、霊園内の墓石19基が倒され、ペット用供養地の仏像9体が壊されるなどしていた。また、東へ約800メートル離れた同区竜泉寺の松洞墓地でも、同8時40分頃、墓石25基が倒されているのを、散歩中の女性が見つけた。同署は、現場が近接していることから、同一グループによる連続器物損壊事件とみて調べている。

<小惑星探査機>「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
鳩山首相は無言 恒例の「初釜」キャンセル(産経新聞)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見−鹿児島県警(時事通信)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)

いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)

 フワフワとした白い毛皮に、「メー」と鳴く姿が愛らしい。昨年11月に京都市動物園(左京区)に新たに仲間入りしたヒツジの「にっき」と「まっちゃ」。追いかけっこをしながら仲良く遊ぶ2頭の姿に、来園者からは「かわいい」との声があがる。

 にっき(1歳、31キロ)とまっちゃ(11カ月、38キロ)はともにメスで、奈良の牧場で誕生した。生まれたときから大の仲良し。人なつっこいにっきが、少し引っ込み思案のまっちゃをサポートするという間柄。来園者が動物と触れあえる「おとぎの国」で暮らしている。

 厚い毛皮をまとったヒツジは気温0度でも平気といい、来園者らが寒さに洋服の襟をたてる中でも頭をぶつけ合ったり、じゃれあったり。飼育担当者は「まだ来たばかりで人に慣れていないが、多くの人に愛されるようになってほしい」と温かく見守っている。

【関連記事】
いしかわ動物園がトキのライブ映像公開
札幌・円山動物園のフクロギツネ「かあさん」死ぬ
野生のトラ絶滅危機 100年で10万頭→4000頭に
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
目玉の“万博パンダ”が上海へ 四川省から空輸

インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
ビル屋上からポリタンク落下=路上に過酸化水素水、3人軽傷−東京・上野(時事通信)
<中山間地>振興へ新法…参入企業に金融支援 農水省検討(毎日新聞)
<訃報>前川誠郎さん89歳=元国立西洋美術館長、美術史家(毎日新聞)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。