So-net無料ブログ作成

<河津桜>開花始まりメジロも喜ぶ 春いよいよ 静岡(毎日新聞)

 静岡県河津町を流れる河津川沿いの桜が開花し始めた。約3キロの堤に植えられた河津桜は約800本。場所によって、ほぼ満開になった木もあれば、つぼみの固い木もあり、全体では1分咲きといったところ。6日から「第20回河津桜まつり」(実行委主催)が始まり、お花見シーズンを迎える。

【関連記事】桜開花予想:都心3月24日ごろ あなたの地方は?

 町観光協会によると、祭りが開幕するころには、河口周辺を中心にお花見が十分に楽しめるという。計約8000本の桜が川をさかのぼるかのように順に咲いていく。祭りのオープニングは6日午前9時。風船飛ばしのほか、地元の女性が踊りを披露する。3月10日までの期間中は約160軒の露店が軒を連ね、観光客でにぎわう。【中村隆】

【関連ニュース】
<桜前線の基準・ソメイヨシノはこんな花>毎日植物園・春
<特集>さくら情報
<写真特集>花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と
<特集>春はまだ先? 全国の天気予報

アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)
<死因究明制度>あり方検討の研究会が初会合 年内にも提言(毎日新聞)
妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕−茨城県警(時事通信)
<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
「フラフラでジグザグのように…」加藤被告、トラック降りアキバ走る(産経新聞)

京品ホテル従業員、会社側と和解=廃業で解雇、地位確認訴訟−東京地裁(時事通信)

 廃業したJR品川駅前の老舗ホテル「京品ホテル」(東京都港区)の元従業員46人が解雇は不当として、経営会社を相手に地位確認を求めた訴訟は、東京地裁(青野洋士裁判長)で和解が成立したことが3日、分かった。和解は先月29日付。
 原告側弁護士は和解内容について、守秘義務があるため明らかにできないとしているが、「破産管財人が従業員の立場に理解を示したもので、勝利的な和解と言える」としている。
 訴状などによると、会社側が2008年5月、廃業を理由に従業員約130人に解雇を通告。原告側は経営は堅調だと指摘した上で、廃業に伴う解雇は合理的な理由がないとして、従業員の地位確認を求めていた。 

【関連ニュース】
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い
日工、従業員が1億4000万円不正取引=6500万円の減益要因に
書籍データの破棄求める意見書=グーグル訴訟和解案にペンクラブ

妻暴行死で夫に実刑=弁護人「裁判員に理由聞きたい」−仙台地裁(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
鹿児島と長崎 副振動が発生 民家浸水や国道冠水(西日本新聞)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)

<節分>「福は内、福は内」成田山新勝寺 朝青龍は欠席(毎日新聞)

 節分の3日、千葉県成田市の成田山新勝寺で恒例の「節分会」があり、NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演中の香川照之さんや大相撲初場所で初の殊勲賞を獲得した関脇・把瑠都関らが豆をまいた。しかし、昨年まで10年連続で参加していた横綱・朝青龍関が知人への暴行問題で欠席、坂本龍馬役の福山雅治さんも参加せず、午前の人出は約1万8000人で、昨年の午前、午後を合わせた約4万5000人を下回る見通し。

 新勝寺の本尊・不動明王の慈悲は鬼も改心させると伝えられるため「鬼は外」とは唱えず、「福は内」だけを連呼。同県富里市の無職、宮沢しげ子さん(62)は「朝青龍関を楽しみにしていた。豆まきして改心してくれたらよかったのに」と残念そうだった。【斎川瞳】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事
節分:本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社

産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ−農業生物資源研と麻布大(時事通信)
<MMRワクチン>自閉症との関連なし 英誌が論文取り下げ(毎日新聞)
<羽毛恐竜>とさかは赤褐色、羽先は黒 全身の色ほぼ判明(毎日新聞)
<戦国武将マップ>伊達政宗や前田慶次郎ゆかりの城や温泉紹介 福島商議所青年部が作製(毎日新聞)

免許証不正取得で追送検=代行運転バイトの元市役所職員−群馬県警(時事通信)

 群馬県伊勢崎市で先月3日、代行運転のアルバイト中に、歩行者をはねて死亡させたとして逮捕された高崎市片岡町の元同市職員、富沢伸行被告(33)=自動車運転過失致死罪で起訴=が、紛失を装って不正に免許証の再交付を受けたなどとして、県警伊勢崎署は4日までに、道交法違反容疑で追送検した。同署によると、容疑を認めているという。
 同署によると、富沢被告は交通違反や事故の点数が重なり免許停止となったが、処分を受ける前に免許証を紛失したと偽り、2008年12月11日、再交付を受けた疑い。また、この免許証を提出し停止処分を受けたが、同日から09年2月4日までの間、紛失したはずの免許証を使ってアルバイト先の代行車や市公用車を無免許運転した疑い。 

【関連ニュース】
5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も
車に9人、17歳が運転=衝突事故で10人重軽傷
16歳会社員を逮捕=ひき逃げ死亡事故
巡査長9カ月無免許運転=更新せず、勤務でバイク

天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など(産経新聞)
パロマ中毒事故、初の和解…遺族側へ8600万(読売新聞)
【訃報】佐々英達氏死去(医療介護CBニュース)
東京地検の記者会見 なぜ記者クラブ以外は入れない(J-CASTニュース)
公務員の裏金づくりに罰則=与野党で法案化検討を−鳩山首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。