So-net無料ブログ作成

授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退−最高裁(時事通信)

 推薦入試で合格後に入学を辞退した男性(23)が、大学側に支払った授業料など計約800万円の返還を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は30日、入学金を除いた計約700万円の返還を命じた二審判決を破棄、男性側の請求を退けた。大学側逆転勝訴が確定した。
 最高裁は2006年、同様の返還訴訟の判決で、新年度になる前に入学を辞退した場合、入学金を除いて大学側に返還義務があるが、新年度になってから辞退した場合は、原則返還する必要はないと判断している。 

【関連ニュース】
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側

沖縄の部隊を旅団化=南西諸島の防衛重視で陸自(時事通信)
<水俣病>和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)
足利事件「教訓生かせ」 識者2人に聞く(産経新聞)
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)

住金物産製の布団に誤表示=「カシミヤ入り」実はウールだけ−消費者庁(時事通信)

 カシミヤ入りを強調して販売された布団が、実際には全くカシミヤを含まない商品だったとして、消費者庁は31日、製造元の住金物産(大阪)と、販売元のQVCジャパン(千葉)に、景品表示法違反(優良誤認)で措置命令を出した。
 消費者庁によると、問題があったのは「二層式掛布団カシミヤ&メリノウール」という商品。両社はテレビの通販番組でカシミヤ入りを宣伝し、インターネット上でも「カシミヤ80%」と表記していたが、実際にはすべてウール製だった。
 布団は住金物産が中国の工場に委託して製造。2008年1月から09年10月に約1600点が売られた。発売前の検査では表記通りだったが、再検査で発覚した。中国の製造者にだまされた格好で、両社とも気付いていなかったといい、購入者のほぼすべてに返金済みという。 

【関連ニュース】
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視

ドラッグアンドドロップで楽々画像をコンバートできる『Photo Magician』
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
横路衆院議長が左足骨折で入院(産経新聞)
普天間5月決着、米と合意せず…外相(読売新聞)
邦人安否「確認中」=福山外務副大臣(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。