So-net無料ブログ作成

官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判(産経新聞)

 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が「衆参同日選の可能性もあり得る」と発言したことについて、「進退は首相自身が考えることであり、全く論外。閣僚が政局に言及することは控えなければならず、首相の専権事項に触れることはあり得ない」と厳しく批判した。

 仙谷氏は16日のテレビ番組の収録の際、鳩山首相が参院選前に退陣した場合には「(衆参)ダブル選を問う可能性もある」と述べた。

【関連記事】
足止め先のドバイで披露宴 英国にネット中継
15万人を海路で! 火山噴火で英国、旅行者の帰国大作戦
ギリシャ支援協議を延期 EU代表ら首都入りできず
噴火の影響で高級ホテルの開業延期 ドバイの世界1高層ビル
ANA、営業赤字610億円に拡大へ 今期、旅客減響く
外国人地方参政権問題に一石

事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
「Windows Phone 7」、マルチタスクは部分対応の可能性
阪急京都線で人身事故 10万人に影響 大阪・茨木(産経新聞)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)

外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)

 18日午後7時40分頃、三重県鈴鹿市道伯のマンション3階通路で、男性が倒れているのが見つかった。

 男性は病院に運ばれたが、腹などを刺されており、間もなく死亡した。同じ階の人が直前に言い争う声を聞いていることなどから、鈴鹿署は殺人容疑事件とみて捜査を始めた。

 同署の発表によると、男性は40〜50歳で、外国人風。左胸と脇腹に深い刺し傷があった。同署で身元の確認を急いでいる。

 マンションは6階建てで短期契約者が多く住んでいるという。県道沿いにあり、周囲には住宅や飲食店、商店が点在している。

<日米行政協定>米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」(毎日新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
与野党、ネット選挙解禁法案を5月末までに国会提出へ 今夏参院選から適用(産経新聞)
<共産党>志位氏が訪米へ 委員長で初(毎日新聞)

首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の「5月決着」ができないときの自身の進退について「5月末までに決着させると申し上げているわけだから、その決意を持ってやるのみだ」と述べ、改めて解決への決意を表明した。

 また、移設先の政府案の発表時期については「まだ全く決めていない」と述べるにとどめた。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会
徳之島の町長「首相に会う必要ない」「怒らせた」「あきれる」
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

将棋 鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)
仕分け 独法の無駄追及 第2弾 労政研究事業は廃止 (産経新聞)
<軽度外傷性脳損傷>厚労省が診断基準作成へ(毎日新聞)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)

マンション通路で男性死亡=腹部などに刺し傷−三重県警(時事通信)

 18日午後7時40分ごろ、三重県鈴鹿市道伯の短期賃貸マンション3階の通路で、男性が腹部から血を流して倒れているのを住人が見つけ、交番に駆け込んだ。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。県警鈴鹿署は、けんかをしているような声を住人が聞いていることから、殺人事件として捜査を始めた。
 同署によると、死亡した男性は40〜50歳ぐらいで、左脇腹や左胸などに刺し傷複数があるという。 

【関連ニュース】
コンテナに鉄工所社長の遺体=頭に傷、燃やした跡も
死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置
マンション入り口に男性遺体=腹に刺し傷、殺人事件で捜査
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見
元看護師の死刑確定へ=福岡連続保険金殺人

<日本創新党>夏の参院選後に新党同士で連携を…山田党首(毎日新聞)
<普天間>米国務次官補が27日訪日 協議の行方は不透明(毎日新聞)
<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
偽ブランド品3万8千点を処分 大阪税関(産経新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)

ローソンへの脅迫文 消印は東京・八王子市 警視庁(産経新聞)

 コンビニエンスストア大手「ローソン」(東京都品川区)に現金3千万円などを要求する封書3通が送りつけられた事件で、封書の消印がいずれも東京都八王子市内だったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は八王子市内に土地勘のある人物がかかわったとみて捜査している。

 捜査関係者によると、3通の消印のほか、指定された現金の受け渡し場所も八王子市内で、場所を示す地図も同封されていた。ただ、捜査員が張り込みをしたが、指定された日時に受け取りに来た形跡はなかったという。

 ローソン本社に3月下旬から4月中旬に届いた3通の封書には「社長さん、これはうそではない。3千万円用意しろ」「いくらでもいいから」「毒物を入れさせてもらう」などと片仮名と漢字交じりで手書きで書かれていた。

 ローソンをめぐっては都内の4店舗で3月12、13日、パンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺されているのが見つかっており、同課が関連を調べている。

【関連記事】
中国開拓、視線は内陸部 投資増着目、ローソン5店舗
ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か
ローソン子会社 不正経理、元専務を聴取 「仲介会社から9100万円受領」
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
ローソン、「驚きプロジェクト」から黒豚丼
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)
NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ(読売新聞)
<事業仕分け>対象47独法、天下り法人ほど高給取り(毎日新聞)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
81歳タクシー運転手、無免許容疑…半年乗務か(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。