So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<母子放火殺人>調書漏えい精神科医の控訴棄却 大阪高裁(毎日新聞)

<母子放火殺人>調書漏えい精神科医の控訴棄却 大阪高裁(毎日新聞)

 奈良県田原本町の医師宅で06年6月に起きた母子3人放火殺人事件を巡り、逮捕された長男(19)=中等少年院送致=の供述調書などをジャーナリストに見せたとして、刑法の秘密漏示罪に問われた精神科医、崎浜盛三被告(51)に対し、大阪高裁(小倉正三裁判長)は17日、懲役4月、執行猶予3年(求刑・懲役6月)とした1審・奈良地裁判決(09年4月)を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 主な争点は、崎浜被告が行った精神鑑定は秘密漏示罪の対象となる「医師」としての業務か▽調書などは「秘密」に当たるか▽崎浜被告が調書を見せた行為に正当な理由があったか−−などだった。

 1審判決は「鑑定は医師として依頼された業務で、調書の内容は長男らのプライバシーにかかわる秘密に当たる。自由に見せたのは軽率で正当な理由はない」と判断した。

 これに対し、弁護側は「鑑定は医師の立場を離れて行うもの。調書は公判での公開が前提で、秘密に当たらない。被告は表現の自由に基づき、長男に広汎性発達障害があり『殺人者』でないことを広く知らせるため取材に応じた」として無罪を主張し、控訴していた。

 1審判決によると、崎浜被告は奈良家裁の嘱託を受け長男の精神鑑定を担当。長男や父親の供述調書や鑑定書などをフリージャーナリストの草薙厚子さんに見せた。草薙さんは調書などを引用する形で「僕はパパを殺すことに決めた」(講談社)を出版した。【日野行介】

【関連ニュース】
奈良・田原本町の放火殺人:調書漏えい 控訴審の争点 取材協力者をどう保護するか
newsそれから:田原本町の放火殺人 供述調書漏えい事件を振り返る /奈良
ことば:供述調書漏えい事件 /奈良

政治問題から何から何まで
パンダ日記
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 即日
出会いランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。