So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オフミック点眼液の一部を自主回収―わかもと製薬(医療介護CBニュース)

 わかもと製薬は2月26日から、オフミック点眼液(一般名=トロピカミド・フェニレフリン)の一部ロットの回収を始めた。不溶性の異物が確認されたためで、対象は2月1-24日に出荷されたロット9Y49。現在、原因調査と安全性評価を実施中で、これまでに健康被害の報告はないという。同社では、「出荷数が224箱と少なく、回収作業は間もなく終了する」としている。

 オフミック点眼液は、診断および治療を目的とする散瞳と調節麻痺を効能・効果としている。


【関連記事】
14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
ボスミン液の一部製品を自主回収―第一三共
「テチプリン静注液40mg」の一部製品を自主回収―大洋薬品工業

<トムラウシ山遭難>山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
スカイネット航空、点検漏れで厳重注意(読売新聞)
介護政策で首相に提言=公明(時事通信)
「悪い自民党持って行った」森元首相が民主批判(読売新聞)
日輪寺町

火事で幼児救出、お手柄相撲部員が角界入門(読売新聞)

 京都市伏見区で起きた市営住宅の火災で、4歳児を救出した京都府立鳥羽高校(京都市南区)3年で、相撲部員の杉本亨光(なおみつ)さん(18)が卒業後、大相撲の春日野部屋(東京都墨田区)に入門することになり、26日、同校で壮行会が開かれた。

 同級生らを前に「一生懸命けいこします」と決意を表明した。

 杉本さんは20日、煙が噴き出す市営住宅2階の窓枠に男児がしがみついているのを見つけ、窓の柵を足場にしてよじのぼり、男児を担いで助けた。

 春日野部屋の谷村竜太マネジャーは「相撲は、救助と同じように、瞬間の判断が必要だ。今日のように、大勢の人から拍手をもらえるよう、頑張ってほしい」と話していた。

小沢氏不起訴の不服申し立て、盛岡にも(読売新聞)
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求−東京地裁(時事通信)
<羽田空港>濃霧で82便欠航…2万人超に影響(毎日新聞)
チリ中部で津波を観測…気象庁発表(読売新聞)
<掘り出しニュース>ハッチ最後の子、名前公募1200件(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。