So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」−普天間移設(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午後、首相官邸で民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊などの移転案を白紙撤回するよう要請を受けた。川内氏によると、首相は「承った」と応じた。
 同島内3町などの主催で18日に開かれた反対集会には、全島民の6割近い約1万5000人が参加したとされ、普天間移設への根強い抵抗感が示された。民主党の地元組織も政府に方針撤回を求めたことで、5月中の決着を目指す首相は一段と厳しい立場に追い込まれた。
 席上、川内氏は反対集会について「重く受け止める必要がある」と強調。地元自治体や党県連に政府から正式な情報提供がないことに触れて「手続きに疑問がある」と不満を示し、「徳之島案は一度白紙撤回して、議論を整理すべきだ」と求めた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

「死の赤リング」に備えて...。Xbox 360専用の棺桶
増税路線へ転換模索=削減限界、与野党協議に活路−鳩山政権(時事通信)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
生まれ変わった自民見せる! 足元に火種も…谷垣氏、新党に対抗心メラッ(産経新聞)

<鳩山首相>核サミットに出発 普天間、非公式協議へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日昼、ワシントンで開かれる核安全保障サミットに出席するため、政府専用機で羽田空港を出発する。12日夜(日本時間13日朝)の夕食会でオバマ米大統領と隣席となる機会を活用して非公式に会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について政府の検討状況を説明し、5月末の決着に向け理解を求めたい考えだが、打開に向けた道筋は不透明だ。また、これに先立ち12日午後(同早朝)には中国の胡錦濤国家主席との会談も予定している。

 核安全保障サミットは、「核なき世界」を目指すオバマ大統領が開催を呼びかけ、核物質の拡散や核テロの防止について国際的な取り組み強化を話し合う。13日午前(同13日夜)から全体会合が始まり、47カ国の首脳(うち9カ国は代理)と国連など3国際機関が参加し、13日午後(同14日早朝)に政治宣言や作業計画を採択する見通し。首相は14日夜に帰国する予定だ。

 首相は12日午前、出発に先立ち、首相官邸で記者団に「(オバマ大統領に)普天間の経緯も申し上げたい。5月末までに結論を出すため、お互いに協力していこうと申し上げたい」と語った。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
学校耐震化:予備費で推進する考え示す…鳩山首相
鳩山首相:「私も毎日、切られている」 殺陣見学でぼやく
鳩山首相:白川日銀総裁と9日会談
鳩山首相:居眠り?休日返上でフル回転影響か 衆院本会議

<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談−環境相(時事通信)
改正道交法 高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)

「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)らが14日朝(日本時間同日夜)、ISSの日本実験棟「きぼう」から、日本メディアなどとの記者会見に応じた。山崎さんは自身の仕事ぶりについて「自分としては100%頑張っている。日本人としては最後のシャトル搭乗だが、引き続き、(今後の日本の)ISS運用や宇宙開発につなげたい」と思いを語った。
 会見にはほかのスペースシャトル乗員やISSに長期滞在する野口聡一さん(44)ら計13人が参加。山崎さんら4人の女性飛行士は、体を男性飛行士と上下逆向きにして質問に答えるなど、ISS内はリラックスした雰囲気に包まれた。
 会見中、笑顔をたやさない山崎さん。飛行士に選ばれてから実際に宇宙に行くまで11年待ったことについては「宇宙は何年かかっても到達するのに素晴らしい場所」と絶賛。同じく夢を追い掛ける女性に対しても「焦らず、じっくり夢を温めてくれたらうれしい」とエールを送っていた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕アポロ11号

ナイキのPRODUCT(RED)知ってますか?
日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題進展なし 死刑執行に触れず(産経新聞)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
岡田外相と米大使が電話協議=普天間(時事通信)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)

井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)

 井上ひさしさんの死去を受け、出身地の山形県でも悲しみが広がった。

 同県川西町の原田俊二町長(53)は昨年秋、井上さんの母校・町立第一中学など3校を統合して2011年4月に開校する川西中学の新校歌の作詞を依頼していた。一時、病状が回復した井上さんから、「少し時間をいただきたい」との手紙をもらったというが、完成には至らなかった。

 井上さんは昨年11月、自身が希望して実現した小中学校の同級会を体調を崩して欠席した。同級生の後藤正さん(75)は「快方に向かっていると思っていたので、『ちょっと、早いよ』という気持ち」と声を詰まらせた。

仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げへ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)

街開き43年“ふるさと化”なるか 高齢化の泉北ニュータウン(産経新聞)

 高度成長期に造成され、かつて大阪の一大住宅都市としてにぎわった泉北ニュータウン(堺市)が、街開きから43年を経て試練に立たされている。65歳以上が占める高齢化率は、開発が完了した昭和58年の3%から、昨年には22.5%に進行。身近な商店が減少するなど、住民が不便を強いられている。一方、NPO団体などによる住民支援策がスタートするなど、街の再生に向けた取り組みも芽生えている。

 ■買い物に20分

 泉ヶ丘地区の堺市南区茶山台にあったスーパーが3月2日、ひっそりと閉店した。高齢化に伴い、客単価が減少し、地区の人口減少も追い打ちをかけた。スーパーの関係者は「できる限りの経営努力をしたつもりですが…」と肩を落とす。

 日々の暮らしを支えた街の商店だっただけに、周辺住民にとってはショックだった。別の最寄りのスーパーまでは徒歩で20分ほどかかる。近くの女性(67)は「行きはよくても帰りが大変。カボチャとか大根とか重い野菜はあきらめることも多くなった」と話す。

 泉北ニュータウンでは、徒歩圏内を目安に計15カ所の「近隣センター」と呼ばれる商業施設があり、スーパーのほか、書店や電気店、理容店などが入居しているが、最近、閉店する店が目立つという。

 ■“オールドタウン”

 かつて有数の技術者集団だった大阪府企業局が開発した泉北ニュータウンは、府北部の千里ニュータウンに次ぐ、府内2番目の大規模住宅団地だった。

 マイホームを購入したのは、主に団塊世代。だが、子供たちは成長して独立し、高齢夫婦だけが残るという、大規模団地特有の“オールドタウン化”の構図が浮かんでいる。

 泉北は17年間かけて開発されたため、わずか10年で開発された千里に比べると世代分布には幅があるというが、それでも高齢化は確実に進行している。

 住宅戸数の過半数を占める府営住宅などの公的賃貸住宅では、空室が増加。老朽化とともに若い世代の新たな入居も減少している。

 ■再生に始動

 「街を再生できないか」。泉北ニュータウンの中では、NPOが近くでとれた野菜の販売を6月から行う「朝市」を企画するなど、新たな取り組みも生まれつつある。

 堺市も、有識者による懇話会などを通じてニュータウンの再生プランを検討。環境に配慮したエコ住宅のモデルタウン構想など、「街の価値を高める」手立てを目指す。

 市の懇話会のメンバーで、地元のNPO団体理事の西上孔雄さん(42)は「若い世代の流出は、ここで育った子供たちの帰属意識が低いことの現れ。魅力あるふるさとにしたい」と話している。

 【用語解説】泉北ニュータウン

 高度成長期の住宅需要に応えるため、大阪府企業局(廃局)が堺市南部の丘陵地で昭和40〜58年に開発。泉ヶ丘、栂(とが)、光明池の3地区に分かれ、甲子園球場約400個分の1557ヘクタールの敷地に、5万4千戸、18万人の街をつくり出す計画が立てられた。昭和42年12月に街開きが行われ、今年で入居43年。人口はピークの平成4年で約16万5千人に達したが、近年は減少傾向が続いている。

【関連記事】
大阪府立泉北考古資料館、堺市へ移管で継続
多摩ニュータウンの建て替え決議 分譲40年、再生モデルに
南海が「住みかえ支援事業」 沿線ニュータウンに若年世帯呼び込み
中高年再就職支援の輪 厳しい雇用環境、介護・福祉分野重点に 青森
4月からの後期高齢者医療保険料が2・1%アップ
外国人地方参政権問題に一石

実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整−日米(時事通信)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
竹島の不法占拠問題で「交渉経緯を報告せよ」 宗男氏が異例の指示(産経新聞)
<訃報>野崎嶽南さん84歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
え、これ映画!? 久々に見たマシニマが進化しすぎていた件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。