So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<「有栖川宮」事件>夫婦が新潮社と和解 大阪高裁(毎日新聞)

痴漢検挙77人、29人が再犯 首都圏集中取り締まり(産経新聞)

 警視庁と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の警察が4月15〜21日に実施した電車内や駅構内での集中取締週間に、痴漢や公然わいせつなどの現行犯で78件、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。逮捕者は49人。容疑者の中には、捜査員が犯行を確認した直後、再び同じ車内で別の被害者に対し犯行に及んだ者も1人いた。

 一方、検挙された77人のうち、痴漢や強制わいせつでの検挙歴がある者は37・7%にあたる29人で、平成21年の全刑法犯中に占める再犯率(32・6%)を上回っており、痴漢・強制わいせつ犯罪の再犯性の高さが裏付けられた。

 犯行状況では電車内での痴漢が58人で最多。エスカレーターや階段など駅構内での盗撮が11人、車内での盗撮が4人、車内での強制わいせつが3人、車内での公然わいせつが1人。

 検挙の路線別分布では、京王線とJR中央線がともに6件で最も多く、次いでJR埼京線が5件。埼京線は、防犯カメラを設置した車両を編成しているが、5件はいずれも防犯カメラがついていない車両で検挙された。警察庁は「(犯人が)防犯カメラの設置車両を避けたのではないか」と分析。防犯カメラに一定の効果があるとみている。

 容疑者を年代別でみると、30代が24人▽40代が21人▽20代が16人▽50代が9人▽10代が5人▽60代が2人。検挙者のうち48人は会社員だった。

【関連記事】
警察庁長官がJRに感謝状 防犯カメラ導入で痴漢対策に貢献
痴漢多発の埼京線、防犯カメラ設置車両で被害なし
「むらむらして触った」 路上で痴漢の男逮捕 川口署員が追跡
電車内で女子高生に痴漢 JR子会社社員の男を逮捕
お手柄! 女子高生が同級生を痴漢した男を取り押さえる 東北本線
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

知人女性にわいせつ?NPO理事長が辞職願(読売新聞)
首相動静(5月4日)(時事通信)
「口座の売買で生計」 銀行口座不正売買の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
茨城で震度3(時事通信)
普天間結局は県内移設 鳩山首相「ウソ」の全軌跡(J-CASTニュース)

特定看護師の早期制度化などを要望―日看協(医療介護CBニュース)

 日本看護協会はこのほど、特定看護師(仮称)の早期制度化・法制化の推進などを求める要望書を厚生労働省の阿曽沼慎司医政局長に、訪問看護の拡充や業務効率化を支援する補助金事業の推進などを求める要望書を同省の宮島俊彦老健局長に、それぞれ提出した。来年度の予算編成に要望事項を取り入れるよう求めたもの。

 医政局長あての要望書で掲げた「重点要望」は、(1)特定看護師(仮称)の早期制度化・法制化の推進(2)職場環境改善緊急対策事業の実施(3)24時間看護師が常駐する医療版ショートステイの仕組みの検討-の3点。
 (1)では、特定看護師の養成や試行に伴う医療機関での体制整備のための予算措置を要望。また、導入や活用の在り方の検討、それに基づいたモデル事業などの実施も求めている。
 (2)では、看護職の労働条件や労働環境の実態把握、課題整理を行い、総合対策を検討するための調査検討会設置を要望。また、個別の職場環境改善対策に対する予算措置による支援、ナースセンター事業の実効性のある事業への転換促進、生涯を通じたキャリア開発のための総合的支援を求めている。
 (3)では、在宅療養者や居住系施設の入居者が最期まで安全・安心に生活を継続できるよう、看護師が24時間常駐するショートステイ機能を持つ「医療版小規模多機能施設(仮称)」を検討するよう求めている。

 このほか、「専門性の高い看護師養成の拡充」「基礎教育の充実と卒後研修の推進」「在宅生活の支援」「安心・安全な出産環境の確保」なども求めている。

 一方、老健局長あての要望書では、「訪問看護事業所のサテライト設置促進に向けた支援」「訪問看護支援事業の推進」を要望。地域に訪問看護を広く普及するため、サテライト事業所の設置促進に向けた支援を新たに「訪問看護支援事業」に位置付け、予算措置を求めている。
 また、特別養護老人ホームについて、▽看護と介護の連携による医療的ケアの実施に関する調査の定期的な実施と、検証結果の公表などの十分なフォローアップ体制の整備▽看護職員の配置基準を見直し、安全に医療的ケアが提供できる体制の整備―を求めた。
 さらに、都道府県が訪問看護の必要量を適切に把握し、計画的にサービスを整備するため、訪問看護サービスの必要見込み量やその確保策についての国の指針を明示するよう要望している。


【関連記事】
「特定看護師」の業務範囲など検討―「チーム医療推進会議」が5月に初会合
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱
特定看護師の制度化に向け来年度から検討を
特定看護師創設、「今後を注視」―日医
今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会

調布市の携帯納付 市税全体に拡大へ(産経新聞)
つむじ風でテント飛ぶ、バーベキューの4人けが(読売新聞)
<トキ>2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡(毎日新聞)
<福島地裁支部>デジタル記録の証拠消去 原告に1年伝えず(毎日新聞)
<火災>道の駅土産物店内部焼ける けが人なし 北海道(毎日新聞)

五月飾りも戦国ブーム? =直江兼続の「愛」も登場(時事通信)

 5日は端午の節句。人形店に並ぶ五月飾りの甲冑(かっちゅう)に、ここ数年ちょっとした変化が起きている。従来、源平時代の甲冑が主流だったが、ゲームやドラマをきっかけにした戦国ブームを背景に、徳川家康や伊達政宗など戦国武将の五月飾りが登場。昨年の大河ドラマの主人公・直江兼続が使った「愛」の文字をあしらったかぶとも現れた。
 東京・浅草橋の人形店「久月」で広報担当を務める坂尻重光さんによると、昔ながらの五月飾りは「大よろい」と呼ばれる源平時代の甲冑をモチーフにしたものが主流。「鍬形(くわがた)」と呼ばれる大きな角のような飾りがあり、華やかな印象のものが多い。一方、戦国時代の甲冑は実用本位でやや地味な印象だ。
 「ドラマなどの影響で、戦国武将のよろいかぶとが売り場に並ぶ機会が増えた」という坂尻さん。「兼続の『愛』のかぶとなど、お客さんから聞かれることは多い」という。実際の売り上げに占める割合はまだ少ないといい、「最後に検討する時に、『やはり飾り映えのするものを』と伝統的なものを選ばれる方が多いようだ」と話す。 

北アの雪崩死、埼玉・川口の60歳男性と判明(読売新聞)
<火災>道の駅土産物店内部焼ける けが人なし 北海道(毎日新聞)
40歳の息子を殺害、父逮捕=ネクタイで首絞める−香川県警(時事通信)
生体移植で寄付受領 東京医科大八王子センター、3年間に1360万円(産経新聞)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。